学部専門教育
水産科学
2006
基礎乗船実習
芳村 康男(北海道大学大学院水産化学研究科)
Get Flash Player

学部専門教育 基礎乗船実習(2006)

教員
芳村 康男(北海道大学大学院水産化学研究科)
概要

1.北海道大学の理念である開拓者精神(フロンティアスピリッツ)の養成。

2. 水産学のベースとなるフィールド、及びその地理学的な特徴と環境を容易にイメージできる。

3.フィールドに生息する海洋生物を調査する方法を理解する。

講義資料

テキスト

 

‡ これらの資料は制限資料です。

iTUnesU リンク
タグ
対象
1年生~ 水産学部
単位等
実験・実習,1単位
キーワード
海洋フィールド、海洋生物調査、海洋環境調査、生物採取、鮮度調査
シラバス

<到達目標>
1.水産学の対象となる海を実体験し理解する。
2.フィールド位置の表し方、気象・海象・海水の特徴を表現できる。
3.海洋生物の生息の一端を理解し学習する。
4. 海産物の鮮度について学習する。
5.船内での円滑な共同生活ができ、互いにコミュニケーションができる。

 

<授業計画>
1.緯度・経度というグローバルスケールによる位置の表し方を理解し、船が今どこにいるかを海図上に特定する方法を学ぶ。また、気象・海象の表現方法とそれらのスケールや、CTD観測を通して海水の流動や特性についても学習する。
2. 上記の基礎的地学を基に、簡単な操船方法について、実際に体験し学習する。
3. イカ釣り等による生物採取、イルカ・海鳥の目視観測を体験し、海洋生物の生息の一端を理解する。
4. 採取したイカの解剖、採取後の鮮度推移について実習する。
5. 海洋環境調査,水産資源調査に関わる各種計測器や各種漁具(トロール,釣り具等)の概略を理解する。
6. プランクトン採集を行い,プランクトンの排水量計測を体験する。
7. 航海中、グループ討議を通して交流を行う。

 

<評価の基準と方法>
船内で実施する実習課題についてのグループ発表・討論会,これに合わせて提出するレポートおよび実習全般への取り組み態度・船内生活態度を総合的に評価し、90点以上:秀,80点以上:優,70点以上:良,60点以上:可とする。 備考 本科目は8月~9月の間、集中で実施予定。 また、病気あるいは身体障害等で乗船不可能と判断される者については、所定の臨海実習に振り替える場合がある。

 

<備考>
本科目は8月~9月の間、集中で実施予定。
また、病気あるいは身体障害等で乗船不可能と判断される者については、所定の臨海実習に振り替える場合がある。

備考
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる