学部専門教育
水産学
2008
基礎乗船実習
Basic On-board Training of Fisheres Sciences
目黒 敏美(北海道大学大学院水産科学研究院)、 芳村 康男(北海道大学大学院水産科学研究院)、 前川 和義(北海道大学大学院水産科学研究院)、 山口 篤(北海道大学大学院水産科学研究院)、 細川 雅史(北海道大学大学院水産科学研究院)、 平譯 享(北海道大学大学院水産科学研究院)
Get Flash Player

学部専門教育 基礎乗船実習(2008)

教員
目黒 敏美(北海道大学大学院水産科学研究院)、 芳村 康男(北海道大学大学院水産科学研究院)、 前川 和義(北海道大学大学院水産科学研究院)、 山口 篤(北海道大学大学院水産科学研究院)、 細川 雅史(北海道大学大学院水産科学研究院)、 平譯 享(北海道大学大学院水産科学研究院)
概要

水産学附属練習船「おしょろ丸」に乗船し,水産学の対象となる海というフィールドを実体験すると同時に,フィールドに出るために必要な船の航法や海図等を通した地学の理解,またイカ等の生物採取,イルカ等の観測等により生きた海洋生物に接し,海洋生物の生息を理解します。全体にグループ学習を通して船という空間での規則正しい共同生活を体験します。

【関連動画】

北海道大学 ※準備中

水産学部 ※準備中

講義資料

1. 緯度・経度というグローバルスケールによる位置の表し方を理解し,船が今どこにいるかを海図上に特定する方法を学ぶ。また,気象・海象の表現方法とそれらのスケールや,CTD観測を通して海水の流動や特性についても学習する。
2. 上記の基礎的地学を基に,簡単な操船方法について,実際に体験し学習する。
3. プランクトンを採取する方法を学習し,採取したものを顕微鏡で観察する。
4. イカ釣りによる生物採取,イルカ・クジラ・海鳥の目視観測を体験し,海洋生物の生息の一端を理解する。
5. 採取したイカの解剖を実習する。
6. 海洋環境調査,水産資源調査に関わる各種計測器や各種漁具(トロール,釣り具等)の概略を理解する。
7. 航海中,グループ討議を通して交流を行う。

その他  PDFテキスト

‡ これらの資料は制限資料です。

iTUnesU リンク
タグ
対象
1年生~ 水産学部
単位等
実験・実習,1単位
キーワード
乗船実習,海洋フィールド,海洋生物調査,海洋環境調査,生物採取,鮮度調査
シラバス

<授業の目標>

【概 要】 水産学附属練習船「おしょろ丸」に乗船し,水産学の対象となる海というフィールドを実体験すると同時に,フィールドに出るために必要な船の航法や海図等を通した地学の理解,またイカ等の生物採取,イルカ等の観測等により生きた海洋生物に接し,海洋生物の生息を理解する。全体にグループ学習を通して船という空間での規則正しい共同生活を体験する。

【学習目的】 1. 北海道大学の理念である開拓者精神(フロンティアスピリッツ)の養成。 2. 水産学のベースとなるフィールド,及びその地理学的な特徴と環境を容易にイメージできる。 3. フィールドに生息する海洋生物を調査する方法を理解する。

 

<到達目標>

1. 水産学の対象となる海を実体験し理解する。
2. フィールド位置の表し方,気象・海象・海水の特徴を表現できる。
3. 海洋生物の生息の一端を理解し学習する。
4. 海産物の鮮度について学習する。
5. 船内での円滑な共同生活ができ,互いにコミュニケーションができる。

 

<授業計画>

乗船実習はクラス単位で実施する。詳細な日程は7月の水産科学入門の最終講義において通知する。室蘭港を出港し噴火湾を実習海域とし,室蘭港に戻る3泊4日の短期の航海を行う。具体的な航海計画は年度により多少異なるが,概略下記のとおりである。

1日目:午前  札幌キャンパス集合,バス移動

午後  乗船,船内オリエンテーション

室蘭出港

実習,講義,夜間イカ釣り実習

23:00 就寝

2日目:06:15 起床,デッキ掃除

08:00 実習,講義,夜間イカ釣り実習

23:00 就寝

3日目:06:15 起床,デッキ清掃

08:00 実習

12:00 函館寄港

13:00 函館キャンパス見学

16:00 函館市内自由行動(班単位)

20:30 乗船・点呼,実習レポート作成

23:00 就寝

4日目:06:00 函館出航

06:15 起床,デッキ清掃

個人レポート作成

室蘭入港

午後  下船

バスで室蘭出発

札幌キャンパスにて解散

主な実習は下記のとおりである。

1.緯度・経度というグローバルスケールによる位置の表し方を理解し,船が今どこにいるかを海図上に特定する方法を学ぶ。また,気象・海象の表現方法とそれらのスケールや,CTD観測を通して海水の流動や特性についても学習する。
2.上記の基礎的地学を基に,簡単な操船方法について,実際に体験し学習する。
3.プランクトンを採取する方法を学習し,採取したものを顕微鏡で観察する。
4.イカ釣りによる生物採取,イルカ・クジラ・海鳥の目視観測を体験し,海洋生物の生息の一端を理解する。
5.採取したイカの解剖を実習する。
6.海洋環境調査,水産資源調査に関わる各種計測器や各種漁具(トロール,釣り具等)の概略を理解する。
7.航海中,グループ討議を通して交流を行う。

 

<評価の基準と方法>

船内で実施する実習課題のレポート,および実習全般への取り組み態度・船内生活態度を総合的に評価し,90点以上:秀,80点以上:優,70点以上:良,60点以上:可とする。昨年度の成績は,秀14.9%,優:82.0%,良:0%,可:0%,不可:3.1%であった。

 

<備考>

本科目は8月下旬~9月上旬,集中で実施予定。また,病気あるいは身体障がい等で乗船不可能と判断される者については,所定の臨海実習に振り替える場合がある。

備考
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる