公開講座/セミナー
サステナビリティ・ウィーク
2009
明日の海と食を守る水産海洋サステナビリティ学
Ussif Rashid Sumaila(ブリティッシュ・コロンビア大学)、Chang Ik Zhang(釜慶大学)、William W. Smoker(アラスカ・フェアバンクス大学)、譚 洪新(Hongxin Tan) (上海海洋大学)、桜井 泰憲(北海道大学水産科学研究院)、吉水 守(北海道大学水産科学研究院)、帰山 雅秀(北海道大学国際本部北極域研究センター )、袁 春紅(北海道大学水産科学研究院)、Rizalita R.-Edpalina(国連大学高等研究所)、I Nyoman Radiarta(北海道大学)
Get Flash Player

サステナビリティ・ウィーク 明日の海と食を守る水産海洋サステナビリティ学(2009)

教員
Ussif Rashid Sumaila(ブリティッシュ・コロンビア大学)、Chang Ik Zhang(釜慶大学)、William W. Smoker(アラスカ・フェアバンクス大学)、譚 洪新(Hongxin Tan) (上海海洋大学)、桜井 泰憲(北海道大学水産科学研究院)、吉水 守(北海道大学水産科学研究院)、帰山 雅秀(北海道大学国際本部北極域研究センター )、袁 春紅(北海道大学水産科学研究院)、Rizalita R.-Edpalina(国連大学高等研究所)、I Nyoman Radiarta(北海道大学)
概要

水産資源は、人類にとって再生可能なサステナブルな資源のはずですが、前世紀末から乱獲による漁業資源の減少や養殖による沿岸生態系の攪乱と食品安全性への不安という種々の課題を呈するようになってきました。
本シンポジウムでは、海洋生態系と水産食料に関する世代間を越えてニーズを満足させる「世代間衡平性」を確実なものとする「明日の海と食を守る」ため、国際的な協調に向けた環太平洋の研究教育ネットワークの構築を模索することを目的としています。

<プログラム>
・2009年11月7日

10:00 開会挨拶
原 彰彦 (北海道大学)

10:10 招待講演
「水産食料と海洋生態系の保全のための空間生物経済学」
Ussif Rashid Sumaila (ブリティッシュ・コロンビア大学)

「生態系ベースの漁業評価予測法」
Chang Ik Zhang (釜慶大学)

「アラスカにおける持続可能なサケ漁業」
William W. Smoker (アラスカ・フェアバンクス大学)

「中国における水産養殖の現状と最近の進歩」
譚 洪新 (Hongxin Tan) (上海海洋大学)

12:30 昼 食

13:30 講 演
「次世代への海洋生態系保全と水産食料安全保障‐知床世界自然遺産地域の水産  生態系アプローチと順応的管理」
桜井 泰憲 (北海道大学)

「持続的増養殖生産を目ざしたサケの健康管理とHACCP システムをベースとした安全・安心な秋サケ製品の提供」
吉水 守 (北海道大学)

「海洋生態系保全と水産食料安全保障のための持続可能性」
帰山 雅秀 (北海道大学)

15:00 休 憩

15:30 パネルディスカッション
コーディネーター
齊藤 誠一 (北海道大学)

「プランクトン食魚類ハクレンの養殖と加工利用 ‐中国における内水面漁業の持続可能な発展のために」
袁 春紅 (北海道大学)

「フィリピンにおける水産養殖インパクト軽減のための管理選択肢」
Rizalita R.-Edpalina (国連大学高等研究所)

「持続可能な増養殖業を目指した空間情報システムによるアプローチ」
I Nyoman Radiarta (北海道大学)

「気候変動に影響される多国間共有水産資源管理の直面する問題,そして,持続的管理に向けた挑戦 ‐自暴自棄なPacific sardine 資源管理ゲーム分析と政策提言」
石村 学志 (北海道大学)

16:50 総合討論
17:20 閉会挨拶
山内 晧平 (愛媛大学)

講義資料

‡ これらの資料は制限資料です。

iTUnesU リンク

iPhone対応:映像はiTunes Uでもご覧いただけます。
(視聴にはiTunesまたはiTunes Uアプリケーションが必要です)

 

‡ これらの資料は制限資料です。

タグ
対象
単位等
キーワード
シラバス
備考
主催: 北海道大学大学院水産科学研究院、 日本学術会議
共催: 函館市、 北海道新聞社
場所:北海道大学大学院水産科学研究院
日時:2009年11月7日
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる