公開講座/セミナー
サステナビリティ・ウィーク
2010
市民講演会
鳥、ブタ、そしてパンデミックインフルエンザ騒動を斬る
喜田 宏(獣医学研究科)
Get Flash Player

サステナビリティ・ウィーク 市民講演会 鳥、ブタ、そしてパンデミックインフルエンザ騒動を斬る (2010)

教員
喜田 宏(獣医学研究科)
概要

10月31日(日)には、人獣共通感染症リサーチセンター長である喜田宏教授が「鳥、ブタ、そしてパンデミックインフルエンザ騒動を斬る」と題した講演を行いました。約60名の一般市民の方々のご参加を頂き、講演終了後には、稚内大沼のカモ糞から分離された高病原性鳥インフルエンザウイルスをはじめ、ワクチン、新型インフルエンザウイルス等、多岐にわたる質問があり、喜田教授が回答しています。

講義資料

‡ これらの資料は制限資料です。

iTUnesU リンク

iPhone対応:映像は、iTunes-U でもご覧いただけます。

※視聴にはiTunesまたはiTunes Uアプリケーションが必要です。

タグ
対象
単位等
キーワード
シラバス
備考
主催: 北海道大学総合博物館
共催: 北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター、 グローバルCOEプログラム、 感染症研究国際ネットワーク推進プログラム、 北大統合科学コンソーシアム、 北海道大学高等教育推進機構高等教育研究部 科学技術コミュニケーション研究部門(CoSTEP)

北海道大学総合博物館
2010年10月31日
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる