公開講座/セミナー
土曜市民セミナー
2014
高次脳機能障害とリハビリテーション
生駒 一憲(北海道大学病院リハビリテーション科)
Get Flash Player

土曜市民セミナー 高次脳機能障害とリハビリテーション (2014)

教員
生駒 一憲(北海道大学病院リハビリテーション科)
概要

最近の映画「抱きしめたい -真実の物語-」でも話題になった高次脳機能障害ですが、この障害では日常生活や社会生活がスムーズにできなくなり、社会復帰が妨げられます。記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などの症状があり、脳の外傷や病気が原因で起こります。自分ではその障害に気づかないことが多く、また、他人からも普通に見えるため、「見えない障害」とも言われます。早期に診断を受けてリハビリテーションを行い、適切な支援を受けることが社会復帰には重要です。講演ではこの高次脳機能障害とリハビリテーションについて、できるだけわかりやすく解説をしたいと思います。

講義資料

‡ これらの資料は制限資料です。

iTUnesU リンク

iPhone対応:映像は、iTunes-U でもご覧いただけます。

※視聴にはiTunesまたはiTunes Uアプリケーションが必要です。

タグ
対象
単位等
キーワード
高次脳機能障害、リハビリテーション、抱きしめたい-真実の物語-、見えない障害
シラバス
備考
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる