全学教育
総合科目 健康と社会
2008
健康長寿と口腔科学2
舩橋 誠(北海道大学大学院歯学研究科)、 井上 農夫男(北海道大学大学院歯学研究科)、 土門 卓文(北海道大学大学院歯学研究科)、 出山 義昭(北海道大学大学院歯学研究科)、 飯塚 正(北海道大学大学院歯学研究科)、 宇尾 基弘(北海道大学大学院歯学研究科)、 鄭 漢忠(北海道大学大学院歯学研究科)、 安田 元昭(北海道大学大学院歯学研究科)、 齋藤 正恭(北海道大学大学院歯学研究科)、 菅谷 勉(北海道大学大学院歯学研究科)、 野谷 健治(北海道大学大学院歯学研究科)、 井上 哲(北海道大学大学院歯学研究科 )、 兼平 孝(北海道大学大学院歯学研究科)、 上田 康夫(北海道大学大学院歯学研究科)
Get Flash Player

全学教育 健康長寿と口腔科学2(2008)

教員
舩橋 誠(北海道大学大学院歯学研究科)、 井上 農夫男(北海道大学大学院歯学研究科)、 土門 卓文(北海道大学大学院歯学研究科)、 出山 義昭(北海道大学大学院歯学研究科)、 飯塚 正(北海道大学大学院歯学研究科)、 宇尾 基弘(北海道大学大学院歯学研究科)、 鄭 漢忠(北海道大学大学院歯学研究科)、 安田 元昭(北海道大学大学院歯学研究科)、 齋藤 正恭(北海道大学大学院歯学研究科)、 菅谷 勉(北海道大学大学院歯学研究科)、 野谷 健治(北海道大学大学院歯学研究科)、 井上 哲(北海道大学大学院歯学研究科 )、 兼平 孝(北海道大学大学院歯学研究科)、 上田 康夫(北海道大学大学院歯学研究科)
概要

口腔科学の研究の進歩から見えてきた食べることと健康との関係について,多角的な見地からわかりやすく解説し,健康で長生きするための秘訣やその意義について講義を行う。

講義資料
iTUnesU リンク
タグ
対象
1年次~
単位等
講義,選択,2単位
キーワード
シラバス

<授業の目標>

口腔科学の研究の進歩から見えてきた食べることと健康との関係について,多角的な見地からわかりやすく解説し,健康で長生きするための秘訣やその意義について講義を行う。

 

<到達目標>

1)口腔機能と健康との関わりについて理解する。
2)科学的根拠に基づいた健康に関する知識を習得する。

 

<授業計画>

1.オリエンテーション,「口腔科学と脳科学の視点から健康を考える」口腔科学と健康長寿との関わりについてオムニバス形式で講義を行うことの趣旨説明のあと,食べることの調節について脳科学の視点から講義を行う。(舩橋 誠)
2.「歯と顎の構造とその発生」歯と顎は私たちが毎日食べ物を咬む際に使っている体の一部です。本講義では歯と顎の構造と発生を肉眼から電子顕微鏡レベルで学び,歯と顎がもつ構造学的特徴についてお話します。(土門卓文)
3.「食べるためのリハビリテーション」脳卒中の後遺症や神経・筋肉の病気で口からものを食べられなくなる方がいます。この講義では口からもう一度食べるための手法についてみなさんと考えていきたいと思います。(鄭 漢忠)
4. 「口の中で働く材料 -歯を修復し,健康に寄与する-」歯の治療には金属やセラミックス,プラスチック,複合材料など様々な材料が用いられています。講義では歯科材料だけでなく身の回りや医療で使われる材料について解説します。 (宇尾基弘)
5.「歯の病気・口の病気」歯や口に生じる様々な病気に関して,実際の症例を通してその原因や症状などをわかりやすく述べるとともに,このような病気が全身の健康や社会生活へ及ぼす影響についても説明する。(飯塚 正)
6.「口腔内は全身の鏡-治療に用いる薬の話-」白血病による歯肉出血など口腔内に認められる病変は全身疾患の一症状として発現することがあります。本講義では口腔内に病変を発現する疾患とその治療に用いる薬物についてお話しします。(出山義昭)
7.「口腔と微生物」口腔には多数の微生物が存在し,慢性疾患の原因となる一方,外来性の感染に対する防御因子にもなっている。本講義ではむし歯から悪性腫瘍まで,口腔に存在する微生物の起こす疾患について紹介していく。(安田元昭)
8.「最近の虫歯治療」虫歯は近年減少しつつあるとはいえ,大部分の人が罹患経験を持つ病気である。本講義では,虫歯についての基礎知識とその治療法(とくに充填治療)について,最新のトピックを交えて解説する。(井上 哲)
9.「入れ歯と健康長寿」高齢者の残存歯数は増加しているが残っている歯だけで十分機能できる人は少ない。そこで入れ歯を使用することの意義と為害性から健康長寿との係わりについて講義を行う。(齋藤正恭)
10.「全身を蝕む歯周病」歯周病(歯槽膿漏)は,歯肉から出血して口臭を放ち,歯が抜けてしまう病気ですが,心筋梗塞や未熟児などの原因にもなります。歯周病予防は歯磨きだけでなく,若いうちに禁煙することが重要です。(菅谷 勉)
11.「オールセラミックスを目指す歯科CAD/CAM技術」オールセラミックス修復物は審美性に目がいきがちですが,汚れが着き難く金属アレルギーも起こさない身体に優しい修復物です。従来の治療法と,最新の歯科CAD/CAM技術がもたらす手法とを解説します。(上田康夫)
12.「噛むことと健康増進」古くから言われてきた“よく噛んで食べなさい”という言葉には,私達が健康を維持増進する上で重要な意味があります。そのことについてお話いたします。(兼平 孝)
13.「噛むこと健康」近年,「生活と健康」を包括的に捉えるようになってきた。この中で歯科医療は虫歯や歯ぐきの治療だけでなく,審美的で良好な噛み合わせを回復することで,全身的な健康に大いに貢献しております。(野谷健治)
14.「健康長寿は口の健康から」口の機能“食べる”,“話す”は,ヒトが健康で自立した社会生活を送るうえで基本的なものです。健康長寿には “ゆりかご”から“墓場”まで口の健康を保つことが大切であることを解説します。(井上農夫男)

 

<評価の基準と方法>

出席および講義内容に沿った400字程度のレポートにより評価する。出席とレポートによる評価の配分割合は概ね50/50とする。レポートは、講義内容の理解度、到達度を含めて総合的に評価する。原則として相対評価により、秀・優・良・可・不可の判定を行う。ただし、受講者が少なく相対評価が困難な場合には絶対評価を行う。

 

<教科書>

特に用いない。適宜、プリント等の配付や参考図書の紹介を行う。

備考
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる