学部専門教育
文学
2003
社会変動論
日本社会の変動と家族
櫻井 義秀(北海道大学大学院文学研究科)
Get Flash Player

学部専門教育 社会変動論 日本社会の変動と家族(2003)

教員
櫻井 義秀(北海道大学大学院文学研究科)
概要

社会学固有の研究対象が「家族」であるといっても言い過ぎではない。しかし、誰もが知っており、経験もしている家族を学問の対象とすることはことのほか難しいことでもある。

近現代日本における社会変動の中で家族、家族観の移り変わりを考えたいのであるが、それには、家族を捉える様々な分析視角が必要となる。それらを簡単に解説した上で、家族の変動をみていきたい。

講義資料

1. 社会変動論・日本社会論への導入 講義ノート

2. 家族の形態論・歴史社会学的的アプローチ 講義ノート

3. 人口学的・ジェンダー論的アプローチ 講義ノート

4. エスノメソドロジー的アプローチ 講義ノート

5. 家族周期論・ライフコース的アプローチ 講義ノート

6. 家族病理・家族問題的アプローチ 講義ノート

7. 家族の構造機能論・システム論的アプローチ 講義ノート

8. 家族ストレス・相互作用・交換論的アプローチ 講義ノート

9. 家族ネットワーク・家族ライフスタイル論的アプローチ 講義ノート

10. 家族の構築主義、軽量、事例研究のアプローチ 講義ノート

 

‡ これらの資料は制限資料です。

iTUnesU リンク
タグ
対象
2, 3, 4年生 文学部
単位等
講義,選択必修,2単位
キーワード
シラバス

 

<到達目標>

日本の農村社会学における、家・同族論、先祖祭祀等の問題を理解し、現代の家族社会学的知見を利用しながら、家族観の行方などの文化価値的問題の趨勢を把握する

 

<授業計画>

前半はテキストを用いて、家族研究の分析視角、方法について講義する。
テキストは、野々山久也・清水浩昭編『家族社会学の分析視角』ミネルヴァ書房、3800円。この本は、テキストとして作られ、参考文献などの解説も充実しているので、家族にかかわることがらを卒論で取り上げたい人は読んでおいていい本である。
後半に、櫻井独自の、家族観を宗教儀礼や民俗現象から分析する研究手法とその実際について解説を加える。

 

<評価の基準と方法>

課題に関するレポート 400字10枚以上 自分が設定した課題を各自で調べることになる。
専門科目であるので、講義の中身が反映されていないレポートを提出もして不可に終わるであろう。

 

<教科書>

野々山久也・清水浩昭編『家族社会学の分析視角』ミネルヴァ書房、3800円。

 

<講義指定図書>

松崎憲三著/東アジアの死霊結婚/岩田書店

 

備考
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる