公開講座/セミナー
GCOE総合博物館市民セミナー
2011
詩人ゲンナジイ・アイギと言語の境界
アトネル・フザンガイ (国立チュヴァシ人文科学研究所)
Get Flash Player

GCOE総合博物館市民セミナー 詩人ゲンナジイ・アイギと言語の境界(2011)

教員
アトネル・フザンガイ (国立チュヴァシ人文科学研究所)
概要

チュヴァシ民族出身の詩人ゲンナジイ・アイギは、ロシア語の詩作品を通してその名が広く知られるようになりました。その一方で、彼は母語であるチュヴァシ語でも創作を続け、これら二つの言語を使って、それぞれ異なる作風の詩を書き分けていました。セミナーでは、アイギのことをよく知るアトネル・フザンガイ氏が、詩人の二言語使用にいたるいきさつや、用いられる言語と詩の世界の関係について、詳しく解説します。

‡ これらの資料は制限資料です。

講義資料
iTUnesU リンク

iPhone対応:映像はiTunes Uでもご覧いただけます。
(視聴にはiTunesまたはiTunes Uアプリケーションが必要です)

 

‡ これらの資料は制限資料です。

タグ
対象
単位等
キーワード
チュヴァシ民族、言語、ロシア語、チュヴァシ語
シラバス
備考
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる