公開講座/セミナー
北海道大学公開講座
2012
私たちの未来とリスク
子ども・若者が直面する「リスク」と 貧困・社会的不利
松本 伊智朗(北海道大学大学院教育学研究院)
Get Flash Player

北海道大学公開講座 私たちの未来とリスク 子ども・若者が直面する「リスク」と 貧困・社会的不利(2012)

教員
松本 伊智朗(北海道大学大学院教育学研究院)
概要

人はさまざまな試行錯誤と失敗から学び、成長します。ですから失敗は、できれば避けたいものであると同時に、歓迎されるべきことかも知れません。これは子ども・若者にとっても同様です。しかし現実には、失敗がリスクに直結する構造があります。この点を貧困・社会的不利という観点からとらえて、「安心して失敗できる仕組み」の大切さを考えてみたいと思います。

 

松本 伊智朗

1959年大阪府堺市生まれ。主な研究テーマは、子どもの貧困と社会的排除に関する研究、要養護児童の社会的自立に関する研究。北海道子どもの虐待防止協会運営委員、日本子ども虐待防止学会評議員、雑誌「貧困研究」「季刊児童養護」「子どもの虐待とネグレクト」の編集委員、NPO法人CAN代表理事などを務める。主な著作に『子どもの貧困―子ども時代のしあわせ平等のために』(共編著、明石書店、2008年)、『子ども虐待と貧困―「忘れられた子ども」のいない社会をめざして』(編著、明石書店、2010年)など。

講義資料

‡ これらの資料は制限資料です。

iTUnesU リンク
タグ
対象
単位等
キーワード
子ども、若者、貧困、社会的不利
シラバス
備考
開催日時:2012年7月12日
場所:北海道大学情報教育館
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる