全学教育
総合科目 特別講義
2011
大学と社会
※学内限定
亀野 淳(北海道大学高等教育機能開発総合センター )、 木村 純(北海道大学高等教育機能開発総合センター )、 三上 直之(北海道大学高等教育機能開発総合センター )
Get Flash Player

全学教育 大学と社会(2011) ※学内限定

教員
亀野 淳(北海道大学高等教育機能開発総合センター )、 木村 純(北海道大学高等教育機能開発総合センター )、 三上 直之(北海道大学高等教育機能開発総合センター )
概要

本授業は、北大を卒業し社会の各分野で活躍する方々を講師としてお招きし、学生時代から現在までの体験談などを話していただきます。これらを通じて、大学生活のあり方や将来のキャリアについて自ら考える能力を育成すことを目的としています。

講義資料

‡ これらの資料は制限資料です。

iTUnesU リンク
タグ
対象
単位等
キーワード
シラバス

<到達目標>

1.大学生活の意義・重要性を十分考えることができる。
2.卒業後のキャリアを自ら考えることができる。
3.毎回の講師の話に対して積極的に質問することができる。
4.毎回の講師の話をもとに自分の考えをレポートにまとめることができる。
5.将来のキャリアについてレポートにまとめることができる。

※2012年度受講生の受講後のアンケート調査結果
Q1:将来のキャリアを考える上で役立ったか?
「役立った」81%、「どちらともいえない」17%、「役立たなかった」2%
Q2:大学における学習意欲が高まったか?
「高まった」86%、「どちらともいえない」14%、「低くなった」0%
Q3:後輩にも受講してほしいか
「そう思う」91%、「どちらともいえない」9%、「思わない」0%

 

<授業計画>

本授業は、北大を卒業し産業界、行政、マスコミ等さまざまな分野で活躍する方々を講師としてお招きし、学生時代から現在までの体験談や、職業人として活動することを通して「現在あるいは将来の職業人としてどのような資質が求められるか」「そのために大学でどのように学べばよいか」「北海道大学や学生諸君に期待することは何か」などを話していただく。
これらの話をもとに、自らの生活や将来について考え、これらをレポートとしてまとめる。
2012年度の具体的な講師は、ポスター等により掲示するが、おおむね以下のとおりである。
第1回:オリエンテーション
第2〜7回:外部講師(卒業生)による講義
第8回:中間まとめ
第9〜14回:外部講師(卒業生)による講義
第15回:最終まとめ

 

<準備学習(予習・復習)等の内容と分量>

予習:毎回、外部講師について事前に各自調べる
復習:毎回講師の講演に対するコメントをA4、1枚程度にまとめる

 

<評価の基準と方法>

おおむね以下により評価を行う。
1.出席(授業への積極的参画、講義での質問状況など)(60%)
2.毎回の簡単なレポートと最終レポート(40%)
2012年度の成績分布:秀16%、優52%、良8%、可10%、不可13%

 

備考
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる