全学教育
主題別科目 社会の認識
2004
戦争と平和
政治経済学的アプローチ
佐々木 隆生(公共政策大学院)
Get Flash Player

全学教育 戦争と平和 – 政治経済学的アプローチ(2004)

教員
佐々木 隆生(公共政策大学院)
概要

1.戦争と平和の原因を、国家を主体とする国際関係の構造と変動から考察し、平和の実現と維持をリアルに追求する社会科学的な考え方への案内を行う。

2.国際関係の特質をめぐる主な立場である(1)ホッブズ的無政府社会、(2)自由貿易平和主義的調和社会、(3)グロチウス的秩序社会の3者の対立と関係を理解することと、国際関係の中での政治と経済のダイナミックな関係を理解することとを通じて、国際関係をみる基本的視点を養う。

3.同時多発テロやさまざまな国際緊張、安全保障問題への日本のかかわり方を主体的に検討する知的基盤を養う。

講義資料

序論 戦争と平和の政治経済学、その課題と展望 講義ノート

第1章 近代社会の産物としての国家システム 講義ノート

第2章 ホッブズ的国際関係と勢力均衡 講義ノート

第3章 経済社会の世界性と自由貿易平和主義 講義ノート

第4章 自由貿易平和主義の限界 講義ノート

第5章 ホッブズ的国際関係と経済社会 講義ノート

第6章 国際公共財と国際社会 講義ノート

終章 ポスト冷戦とグローバル化の時代に 講義ノート

参考文献 講義ノート

その他 全講義ノート

 

‡ これらの資料は制限資料です。

iTUnesU リンク
タグ
対象
1年生 文学部, 教育学部, 法学部, 経済学部, 理学部, 医学部, 歯学部, 薬学部, 工学部, 農学部, 獣医学部, 水産学部
単位等
講義,選択,2単位
キーワード
戦争、平和、国家、国家システム、ホッブズ的無政府社会、自由貿易平和主義、国際社会、安全保障
シラバス

<到達目標>

1.国際関係をめぐる基本的カテゴリーや概念としての「国家」「国家システム」「ホッブズ的国際関係観(現実主義)」「自由貿易平和主義的国際関係観(リベラリズム)」「国際社会的国際関係観」を理解する。
2.政治的現象としての戦争と経済の関係を、単純な「還元主義」に陥ることなく、多面的に把握する。
3.国際経済システムが一国やグローバルな安全保障にとってもつ意義を理解する。

 

<授業計画>

序論 戦争と平和の政治経済学、その課題と展望
第1講 近代社会の産物としての国家システム
第2講 経済社会の国民性と世界性
第3講 ホッブズ的国際関係と勢力均衡
第4講 自由貿易平和主義の基礎と限界
第5講 ホッブズ的国際関係と経済的諸関係
第6講 国際公共財と国際社会
結語 グローバル化とナショナリズムの時代に立ち会って

 

<評価の基準と方法>

成績評価は定期試験をもって行う。(1)到達目標の1、2、3のいずれについても講義を理解したうえで自己の論理を形成しえている回答については「優」、(2)講義を基本的に理解し、到達目標を基本的に達成している回答については「良」、(3)到達目標をおおよそ達成している回答については「可」とし、(4)到達目標を達成しえていない回答は「不可」とする。

 

<備考>

講義は、本講義にために作成された「講義ノート」を配布して行う。教科書は無い。講義指定図書は多数にのぼるので、「講義ノート」に一覧を掲げる。

 

備考
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる