公開講座/セミナー
北海道大学公開講座
2010
「変化」を見つめる -私たちや地域の未来のために-
第1回 ポスト政権交代の政治学
吉田 徹(北海道大学法学研究科)
Get Flash Player

北海道大学公開講座 「変化」を見つめる -私たちや地域の未来のために- 第1回ポスト政権交代の政治学 (2010)

教員
吉田 徹(北海道大学法学研究科)
概要

今年の公開講座は、「「変化」を見つめる―私たちや地域の未来のために―」をテーマとして、7月1日から29日に開講いたします。

昨年来、米国のオバマ政権誕生や、日本での政権交代によって、社会の各分野で「チェンジ(変化)」が強く意識されるようになっています。しかし、何がどう変わりつつあるのか、渦中にいる私たちにその全体像は必ずしもよく見えません。地球温暖化に代表される環境制約の下、いかに生活の質を高めていくか。日本国内、とくに北海道に目を転じれば、人口減少が急激に進む中、雇用や医療、老後の生活を保障しつつ、必要な価値を生み出すしくみはどうしたらいいのか。これら喫緊の課題も視野に入れながら、今日の「変化」をどのように捉え、今後どのような変革を展望できるか、皆さまとともに考えたいと思います。

講義資料

‡ これらの資料は制限資料です。

iTUnesU リンク
タグ
対象
単位等
キーワード
シラバス
備考
【教員紹介】
吉田 徹

平成9年慶應義塾大学法学部卒業、平成17年東京大学総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。日本貿易振興機構、同パリ・センター調査担当ディレクター、日本学術振興会特別研究員等を経て、平成18年より現職。専門はヨーロッパ・フランス政治、比較政治学。著書に『ミッテラン社会党の転換』(法政大学出版局)、『二大政党制批判論』(光文社)、共著に『政権交代と民主主義』(東京大学出版会)、『フランスと欧州統合』(法律文化社、近刊)など

【開催情報】

日時:2009年7月2日
場所:北海道大学情報教育館
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる