大学院教育
工学研究科・工学院
2005
結晶相転移特論
折原 宏(北海道大学大学院工学研究科)
Get Flash Player

大学院教育 結晶相転移特論(2005)

教員
折原 宏(北海道大学大学院工学研究科)
概要

結晶および結晶と液体の中間状態にある液晶の相転移現象を熱・統計力学に基づいて理解する。

特に、対称性の変化に着目したランダウ理論を中心に学習する。

講義資料

1.強誘電性相転移(2回)
常誘電相と強誘電相、分極崩壊と相転移、ランダウ展開

2.イジング模型(2回)
1次元イジング模型とその解法、平均場近似、秩序-無秩序相転移

3.結晶の対称性(2回)
対称操作群、群論と既約表現、群論の簡単な応用

4.ランダウ理論(3回)
秩序変数による自由エネルギーの展開、ランダウ理論の応用

5.変位型相転移とソフトモード(2回)
格子振動、フォノンのソフト化、フォノンの波数による相転移の多様性

6.液晶の相転移(4回)
テンソル秩序変数、等方相-ネマチック相転移、スメクチック液晶の相転移

 

資料  講義ノート

 

‡ これらの資料は制限資料です。

iTUnesU リンク
タグ
対象
大学院生 工学研究科
単位等
キーワード
構造相転移、結晶、合金、液晶、平均場理論、ランダウ理論
シラバス

 

<授業計画>

強誘電性相転移(2回)
常誘電相と強誘電相、分極崩壊と相転移、ランダウ展開

 

イジング模型(2回)
1次元イジング模型とその解法、平均場近似、秩序-無秩序相転移

 

結晶の対称性(2回)
対称操作群、群論と既約表現、群論の簡単な応用

 

ランダウ理論(3回)
秩序変数による自由エネルギーの展開、ランダウ理論の応用

 

変位型相転移とソフトモード(2回)
格子振動、フォノンのソフト化、フォノンの波数による相転移の多様性

 

液晶の相転移(4回)
テンソル秩序変数、等方相-ネマチック相転移、スメクチック液晶の相転移

 

<成績評価>

出席およびレポートにより評価する。

 

<教材>

講義のときに参考書を紹介する。

 

<受講条件等>

熱力学、統計力学、固体物理学の基礎知識を必要とする。

 

備考
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる