公開講座/セミナー
オープンコースウェア・セミナー
2012
アート&テクノロジーが導く未来
―韓国麗水万博、日本的霊性、音の生け花―
土佐 尚子(京都大学情報環境機構)
Get Flash Player

オープンコースウェア・セミナー アート&テクノロジーが導く未来(2012)

教員
土佐 尚子(京都大学情報環境機構)
概要

2012年韓国の麗水海洋万博委員会から依頼されて250m×30mのLEDスクリーンに上映した作品、京都の禅と神道を題材にした「日本的霊性」、芸術と自然科学が融合された作品「音の生け花」を紹介して頂くとともに、アート&テクノロジーが導く未来について考えます。

 

講師紹介:土佐尚子教授
カルチュラルコンピューティングという概念を生み出し、日本の伝統、文化を元にデジタル技術を活用した作品を制作しておられます。作品はニューヨーク近代美術館、国立国際美術館などにおいて収蔵、展示されています。

講義資料

‡ これらの資料は制限資料です。

iTUnesU リンク
タグ
対象
単位等
キーワード
アート、テクノロジー
シラバス
備考
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる