公開講座/セミナー
土曜市民セミナー
2010
ベーリング海峡を渡った恐竜
石田 祐也(北海道大学理学研究院)
Get Flash Player

土曜市民セミナー ベーリング海峡を渡った恐竜(2010)

教員
石田 祐也(北海道大学理学研究院)
概要

白亜紀のベーリング海峡には、しばしば北米とアジアとつなぐ陸橋が出現し、北米とアジアの間を恐竜が行き来したと考えられている。北米大陸の最西端に位置しているアラスカは、北米―アジア間の恐竜の関係を研究する上で、非常に重要なフィールドである。また、極域という特殊な環境のため、そこに生きていた恐竜の生態にも注目が集まっている。本セミナーでは、極域に位置するアラスカ州を中心に、恐竜の移動と生態について紹介する。

講義資料

‡ これらの資料は制限資料です。

iTUnesU リンク
タグ
対象
単位等
キーワード
シラバス
備考
土曜市民セミナー

日時 2010年7月10日

場所 北海道大学総合博物館
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる