学部専門教育
理学
2005
地球惑星状態物理学1
日置 幸介(北海道大学大学院理学研究科)
Get Flash Player

学部専門教育 地球惑星状態物理学1(2005)

教員
日置 幸介(北海道大学大学院理学研究科)
概要

固体地球の物質的および物性的な層構造、運動、熱的状態等を物理学的に理解し、かつそれらの観測手段について概観する。また月惑星との比較を通じてそれらの理解を深める。

1. 地球の形と重力、静水圧平衡
2. 層構造、アイソスタシー、リソスフェアとその剛性、マントルの粘性
3. 地球の双極子磁場とその歴史
4. 地球潮汐とその計測、地球ー月系とその力学進化
5. 地球の回転とその変動
6. 衛星で測る地球重力場、地上で測る重力場
7. リソスフェアの動きとその計測
8. 宇宙測地技術の原理
9. プレートの発散境界と収束境界における諸現象
10. 月惑星の重力場とその異常、回転とその変動

講義資料

資料  全講義ノート

‡ これらの資料は制限資料です。

iTUnesU リンク
タグ
対象
3年生 理学部
単位等
講義,選択,2単位
キーワード
シラバス

<到達目標>

地球の形、重力場、磁場、それらの進化と現在における変化、それらの計測手法について学ぶ。さらに、それを通じてグローバルな視点からみた地球の姿を物理学的に把握する。

 

<授業計画>

(1) 地球の形と重力、静水圧平衡
(2) 層構造、アイソスタシー、リソスフェアとその剛性、マントルの粘性
(3) 地球の双極子磁場とその歴史
(4) 地球潮汐とその計測、地球ー月系とその力学進化
(5) 地球の回転とその変動
(6) 衛星で測る地球重力場、地上で測る重力場
(7) リソスフェアの動きとその計測
(8) 宇宙測地技術の原理
(9) プレートの発散境界と収束境界における諸現象
(10) 月惑星の重力場とその異常、回転とその変動

 

 

<評価の基準と方法>

局地的、地域的な視点でなく一つの惑星としての地球の物理学的な姿の理解度を試験や出席、レポート等から総合評価する。

 

<教科書>

指定しない

 

<講義指定図書>

「地球が丸いって本当ですか?測地学者に50の質問」大久保・里村・日置・飛田 著 朝日選書

 

備考
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる