全学教育
総合科目 環境と人間
2006
環境と人間
「環境マネジメントシステム」という考え方
倉田 健児(公共政策大学院)
Get Flash Player

全学教育  環境と人間 「環境マネジメントシステム」という考え方(2006)

教員
倉田 健児(公共政策大学院)
概要

【概要】
「環境マネジメントシステム」という考え方とは一体何なのだろうか。どのような背景の下にこのような考え方が生まれ、社会の中で広く共有されるに至っているのだろうか。環境マネジメントシステムという考え方を制度として具体化したものの一つが、国際標準化機構(ISO)が策定した国際規格ISO14001といえる。具体的な制度であるISO14001の、制度としての解説は世に溢れているが、その基となった考え方に関して言及がなされることは、殆どといっていいほどない。
本講義では、この環境マネジメントシステムという考え方に着目し、これが社会の中でどのように生まれ、広がり、そしてISO14001という国際規格になったのかを概説する。その上で、このような考え方が、これからの社会の中でどのような意味を持ち、また、どのような役割を果たしていくかを展望する。

【スケジュール】
1.問題提起(環境マネジメントシステムをどう捉えるか)
2.環境主義の台頭
3.環境監査の導入
4.地球環境問題の登場
5.地球サミットでの議論
6.ISO14001の策定へ
7.ISO内部での議論
8.ISO14001が持つ意味
9.普遍的な問題への対応

講義資料
1. 「環境マネジメントシステム」とは何か
スライド [PDF]
2. 第三者認証と認定
スライド [PDF]
3. 現代の環境問題
スライド [PDF]
4. 歴史的な流れI
スライド [PDF]
5. 世界的な議論の場へ
スライド [PDF]
6. 歴史的な流れII
スライド [PDF]
7. 地球環境問題の顕在化
スライド [PDF]
8. 新たな対応の求め
スライド [PDF]
9. UNCEDでの議論
スライド [PDF]
10. 発展途上国の主張
スライド [PDF]
11. 地球環境問題に対する理解
スライド [PDF]
12. ISO14001の策定へ
スライド [PDF]
iTUnesU リンク
タグ
対象
1, 2, 3, 4, 5, 6年次  文学部, 教育学部, 法学部, 経済学部, 理学部, 医学部, 歯学部, 薬学部, 工学部, 農学部, 獣医学部, 水産学部
単位等
講義,選択,2単位
キーワード
環境マネジメントシステム、環境監査、地球環境問題、地球サミット、ISO14001
シラバス

<到達目標>
様々な環境問題の顕在化と、顕在化した環境問題に対してその時々の社会がどのように対応してきたのか。さらには、こうした対応の背景にあった社会の環境意識の変化とはどのようなものであったのか。  この一連の流れの中で生まれた環境マネジメントシステムという考え方を、個々の学生が自らの考えと照らし合わせ、十分に咀嚼した上で理解することを目指す。

 

<授業計画>
授業は原則として講義形式で行う。その上で、受講する学生の人数にもよるが、可能な範囲で学生間及び学生・教官間のディスカッションを試みる。  講義の大まかな内容は以下とする。

1. 問題提起(環境マネジメントシステムをどう捉えるか)
2. 環境主義の台頭
3. 環境監査の導入
4. 地球環境問題の登場
5. 地球サミットでの議論
6. ISO14001の策定へ
7. ISO内部での議論
8. ISO14001が持つ意味
9. 普遍的な問題への対応

学期中に数回、それまでに授業で取り上げた内容に関連するレポートの提出を求める。また、学期末に総合的なレポートの提出を求める。

 

<評価の基準と方法>
授業への出席、授業での発言、学期内レポート、学期末レポートの結果を総合的に勘案し、評価に反映させる。

 

<教科書>
倉田健児(2006) 『環境経営のルーツを求めて-環境マネジメントシステムという考え方の意義と将来』 産業環境管理協会

備考
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる