大学院専門科目
環境科学院
2011
環境社会学特別講義
太田志津子、沖野龍文(環境科学院)
Get Flash Player

大学院教育 環境社会学特別講義(2011)

教員
太田志津子、沖野龍文(環境科学院)
概要

化学物質による環境汚染の現状及び対策(立案過程を含む)について学ぶ。
To learn the current status of chemical pollution and the measures including the planning process

講義資料
iTUnesU リンク
タグ
対象
修士1, 2年生
単位等
講義,2単位
キーワード
化学物質管理、環境リスク、PRTR、PCB、ダイオキシン類
Chemical management, environmental risk, PRTR, PCB, Dioxins
シラバス

<到達目標>

化学物質による環境リスクの考え方や管理の在り方について理解を深める。
Understanding of the environmental risks of chemical substances and the management

 

<授業計画>

1. 総論(化学物質による環境リスク等)
    General Introduction to Chemical Management(Environmental risks of chemical substances etc.)

2. 化学物質管理制度(化学物質審査規制法、PRTR制度等)
    Chemical Management Systems (Chemical Substances Control Law, Pollutant Release and Transfer Register (PRTR) system     etc.)

3. 有害化学物質対策(PCB、ダイオキシン類等)
    Management of Toxic chemicals(PCB, Dioxins etc.)

 

<準備学習(予習・復習)等の内容と分量>

講義期間中の予習・復習が必要である。
Review is necessary after the lectures on each day

 

<成績評価の基準と方法>

授業への出席及びレポートで評価する。
Evaluation: Attendance and short papers

 

<成績評価の基準と方法>

講義中に適宜配布する。
Handouts distributed in the class

 

 

備考
<スケジュール>
8月29日 総論
     化学物質管理制度1
8月30日 化学物質管理制度1
     有害化学物質対策
     環境政策の立案プロセス
8月31日 有害化学物質対策
     化学物質管理制度2
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる