大学院教育
環境科学院
2006
地球雪氷学実習
雪氷・寒冷圏科学コース全教員
Get Flash Player

大学院教育 地球雪氷学実習(2006)

教員
雪氷・寒冷圏科学コース全教員
概要

【概要】
地球環境の変動と,環境保全の重要性を体験的に習得する。

【スケジュール】
1.測量実習
2.積雪断面観測実習
3.河川流量観測実習
4.低温風洞等を用いた雪氷気象観測実習
5.サロマ湖海氷実習
6.スイス氷河実習

【実習概要】
目的
•氷河上での実習により野外観測技術を習得する
•氷河や氷河地形を観察して氷河、周氷河現象を理解する
•スイスの研究機関と観測施設を訪ねて地球環境研究の先端を学ぶ

主な内容
•Aletsch氷河における観測実習
•Gorner氷河での氷河観測を見学
•観測によって得られたデータの処理・解析、結果の報告会
•スイス連邦工科大学の研究者による講義

日程
2006年 5月14日(日)~5月26日(金)

行程
5/14 札幌→東京→チューリッヒ
5/15 チューリッヒ:スイス連邦工科大学訪問
5/16~20 スイスアルプスにて野外実習、見学
5/21~23 スイス連邦工科大学にて観測報告会・現地研究者の講義を聴講
5/24 ダボス:雪・雪崩研究所訪問
5/25~26 ダボス→チューリッヒ→東京→札幌

講義資料

‡ これらの資料は制限資料です。

iTUnesU リンク
タグ
対象
修士 1, 2年
単位等
選択, 実習, 4単位
キーワード
シラバス

<授業の内容・計画等>
国内・国外で,温暖化も含めた環境変動の大きい場所で雪氷研究の観測手法を習得する。

1.測量実習
2.積雪断面観測実習
3.河川流量観測実習
4.低温風洞等を用いた雪氷気象観測実習
5.サロマ湖海氷実習
6.スイス氷河実習

 

<成績評価の方法>
実習態度とレポートで総合的に評価する。

 

<テキスト・教科書・参考資料>
事前の資料を配付し,必要機材は貸与する。

 

<履修条件等>
希望者数によっては参加人数を制限する

備考
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる