全学教育
一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
2010
蛙学への招待
鈴木 誠(高等教育推進機構)
Get Flash Player

全学教育 蛙学への招待(2010)

教員
鈴木 誠(高等教育推進機構)
概要

今から約3億6000万年前のデボン紀に、暖かい沼地の浅瀬から勇気ある両棲類の先祖(ユーステノプテロン)が陸を目指しました。この水圏からの脱出、つまり陸上への進出は体重を支えるための骨格の劇的な進化と、空気中の酸素を獲得するための未完成な肺の誕生につながり、私たちヒトの今日の存在の基礎となったのです。本講座は、現存する両棲類の中で特異的に進化した無尾目を、形態や生態、繁殖戦略や鳴き声といった生物学的側面と、絵本や物語また食文化といった文化的側面から分析し、激変する両棲類周辺の環境を通して総合的に両棲類を捉えようとするものです。文系理系を問わず、授業を通して将来研究者として必要な問題解決の視点と手法をマスターすることも目的としています。

講義資料

‡ これらの資料は制限資料です。

iTUnesU リンク
タグ
対象
1年次~ 文学部,教育学部,法学部,経済学部,理学部,医学部,歯学部,薬学部,工学部,農学部,獣医学部,水産学部
単位等
演習,選択,2単位
キーワード
両棲類、無尾目、蛙、形態、生態、進化、文化、環境、問題解決能力、学生主体型授業
シラバス

<到達目標>

1.日本産カエル目5科37種5亜種の種名と形態を判別することができる。

2.魚類から両棲類へ進化したおよその仮説を図示できる。

3.系統解剖実習を通して104の外部形態と内部形態を確認することができる。

4.日本産カエル目5科の代表的な鳴き声をリスニングすることができる。

5.ツボカビが両棲類無尾目に及ぼす影響について、その作用機序が理解できる。

6.2ヶ月に及ぶ学生が行う授業を準備することによって、問題解決(情報収集・情報処理・推論・メタ認知)の手法を習得することができる。

<授業計画>

1.カエル検定(カエルの基本的形態と生態) 本講座の目的 学習内容 評価方法 参考書

2.自己紹介 カード作り 今後の予定 授業テーマについて グループ分け 日本のカエル・世界のカエル

3.両棲類の文献検索実習(情報教育館A教室) ※特別研修1:鮭の科学館(両棲類の外部形態観察会)/カエルの食文化実践研究

4.「マイガエル」90秒スピーチ 魚類はいかにして地上に進出したのか1  (授業テーマ・計画書の提出)

5.魚類はいかにして地上に進出したのか2DVD ・カエルのコミュニケーション1

6.マイガエルを作ろう!ウシガエル・ドライラボの製作1 基本着色

7.ブレインストーミング「面白い授業って何?」・カエルのコミュニケーション2

8.ウシガエル・ドライラボの製作2 内部形態の理解

9.Rana catesbeianaの模擬解剖 解剖スキルの獲得

10.Rana catesbeianaの系統解剖(生物実験室)

11.学生による授業1:例えば「おたまじゃくしの生き残り戦略」:2006年最優秀

12.学生による授業2:例えば「最終警告:本当に怖いツボカビ」:2009年最優秀 ※特別研修2:7月の蒸し暑い夜 野外実習:メイティングコールのリスニングテスト(北大農場)

13.学生による授業3:例えば「カエルの飼育とその教育的効果」:2007年最優秀

14.学生による授業4:例えば「poison frog 毒って素敵ね」:2005年最優秀

15.野外最終試験(北大農場)(農場・SCS教室) ※本年度は、北大キャンパス内の両棲類調査を予定している。

<準備学習(予習・復習)等の内容と分量>

「蛙学への招待」は、多くの先輩たちの努力によって築き上げられてきた屈指の人気授業である。最後は学生が自ら教材研究を行い、教官に代わって授業を行うという画期的なスタイルで進められる。そのために現地調査や取材、各種編集作業やリハーサル等、授業のための努力とモチべーションが要求される。知的好奇心や体力も必要であろう。学生はある程度の覚悟が必要である。また、多くの授業場面で作業を伴う。なお、本年度は水田や野山での実習や施設見学など特別研修も予定しており、休日の出動がある。

<評価の基準と方法>

学習態度の観察評価10%、各種提出物20%、授業評価35% 作業ファイル(ポートフォリオ)15%、最終レポート20%、自己評価も加算することがある。なお、グループ面接や個人面接を行うことがある。 例えば平成18年度の成績評価の結果は、秀13%・優34%・良45%・可4%・不可4%であり、21年度もほぼ同様であった。

<教科書>

両生類の進化 / 松井正文 : 東京大学出版会, 1996, ISBN:4130601636 フォトサイエンス生物図録 カエルの模擬解剖 / 鈴木 誠 : 数研出版, 2007, ISBN:978-4-410-28376-5 意欲を引き出す授業デザイン / 鈴木 誠 : 東洋館出版社, 2008, ISBN:9784491023472 日本のカエル:山渓ハンディ図鑑/Williams E.Duellman/Biology of Amphibians,市川 衛:蛙学:裳華房,松井 正文:カエル―水辺 の隣人:中公新書

<講義指定図書>

ヒキガエルの生物学 / 浦野明央・石原勝敏 : 裳華房, 1987, ISBN:4785358084 進化論の見方 / 河田雅圭 : 紀伊国屋書店, 1989, ISBN:4314005246 動物解剖図 / 日本動物学会 : 丸善, 1990, ISBN:4621034553

備考
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる