学部専門教育
理学
2006
数学講読
坂上 貴之(理学研究院)
Get Flash Player

学部専門教育 数学講読(2006)

教員
坂上 貴之(理学研究院)
概要

一年間を通じて計算機のプログラミングに習熟する。

スケジュール
1.エディタの使い方
2.コマンド作成とコンパイル
3.C言語による入出力
4.配列の使い方
5.関数と変数のスコープ
6.配列とポインタその1
7.配列とポインタその2

講義資料

1. エディタの使い方 配布資料

2. コマンド作成とコンパイル 配布資料

3. C言語による入出力 配布資料

4. 配列の使い方 配布資料

5. 関数と変数のスコープ 配布資料

6. 配列とポインタその1 配布資料

7. 配列とポインタその2 配布資料

 

‡ これらの資料は制限資料です。

iTUnesU リンク
タグ
対象
理学部
単位等
選択,4単位
キーワード
シラバス

<講読の進め方と評価の方法>
前期は課題を与える形での計算機のプログラム実習を全学年共通で行う。 場所は8号館の計算機室とするが、ここでは質問受け付けおよびその解説を 行うために設けているもので、基本的には課題を解いていれば出席の必要は ない。 後期は各指導担当者のもとでプロジェクト型の数値計算の実習を行う。

 

<授業計画>
エディタの使い方 コマンド作成とコンパイル C言語による入出力 配列の使い方 関数と変数のスコープ 配列とポインタその1 配列とポインタその2

備考
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる