大学院教育
理学院
2010
博物館コミュニケーション特論
天野 哲也(北海道大学大学院理学研究院)、湯浅 万紀子(北海道大学総合博物館)
Get Flash Player

大学院教育 博物館コミュニケーション特論(2010)

教員
天野 哲也(北海道大学大学院理学研究院)、湯浅 万紀子(北海道大学総合博物館)
概要

● 北海道大学総合博物館の使命を説明し、いくつかの代表的な博物館活動などを紹介し、問題点を見出する

● 問題点を解決するため、プロジェクト案を教員がいくつか提示し、受講生が小グループにわかれてそのプロジェクトに取り組む(授業時間外の活動が求められる)。受講生による自主プロジェクトも議論の上、積極的に採用する

● 毎週一つのグループが研究報告を行い、全員で討論する

● 最後に、適切な形態で研究成果を発表し、評価する

講義資料

2010年度の本ゼミでは、北大生の来館者数を増やしたいという思いから、身近なツールである携帯電話のカメラに着目し、「レンズを通してみる博物館-ケータイカメラの撮り方講座-」の企画・運営・評価を行いました。2日間の開催で29名の学生がイベントに参加し、実際にケータイカメラを持って博物館を巡ることで新たな角度から博物館と触れ合ってもらうことができました。写真家・石崎幹男氏からは一人一人の作品に直接コメントがあり、写真の奥深さを感じることのできる一日となりました。参加者の多くは「また来館したい」と感想を述べており、リピーターの獲得と博物館のイメージアップという目標を達成できたと考えています。下の写真は当日参加者の皆さんによって撮影されたものです。なお、これらの作品は、パネルにして2010年8月~12月の期間で博物館に展示されます。

初日

a-ex00[1] <最優秀賞>だいなそ~ 農学部 1年 高雄惇英

SN3I0623 <優秀賞>月あかりのもとへ 工学部2年 陳 黛茜

201007301915000 <優秀賞> People. 環境科学院 博士3年 水木 千春

20100730191544 <石崎賞> 階段 医学部 1年 降子

DVC00001.JPG  開けない扉 理学院 修士2年 Bob

20100730185509 藤男さん 工学部 3年 ハットまん

untitled 光源 国際広報メディア・観光学院 修士1年 ヒョウ シチン

untitled リボン 工学部 1年 宮澤 拓也

a-05[1] 生きてたらこの角度からは見えないと思うよ 水産学部 1年 さのまさし

CA3C0017 ギロリ 工学部 1年 Lute.

20100730191044 見方を変えれば 医学部 1年 大浦 峻介

201007301855000 夜明け 水産学部 2年 KY

DVC00001.JPG 人面藻 工学部 3年 D.S.

untitled 地球遺産 環境科学院 博士3年 Moti

201007301856000 小川さんの部屋 医学部 1年 洋子

a-12[1] Then brain, now skull 環境科学院 博士2年 Damodar Lamsal (ダモダール・ラムサール)

CA390780 彩りちょうちょ 工学部 2年 大滝 渚美

a-14[1] 歯、みがいときゃ良かった…。 農学部 1年 長竹 新

TS3B0491 紫色の夢 理学部 1年 久保田 彩

二日目

untitled <最優秀賞> 博物館待ちで。 農学部 1年 増子 翔

201008011419000 <優秀賞> マスコットキャラ 理学部 3年 太田 菜央

MA350005 <優秀賞> Clarkと… 水産学部 1年 林 宥樹

201008011411000 <石崎賞> これから行く道 理学院 博士3年 冨田 小夜

b-01[1] 風格 農学部 1年 高雄 惇英

DVC00001.JPG Blue eyes 理学院 博士2年 尹 海燕

20100801140358 お願い!私に気づかないで! 文学部 1年 とみー

SN3G0003 生命の光 To Save the Life 生命科学院 博士1年 ヤン クン

<

KC3O0007 探検 北海学園大学人文学部 2年 とむ

201008011412000 ガラス瓶の中の世界 文学部 3年 館山 彩佳

‡ これらの資料は制限資料です。

iTUnesU リンク
タグ
対象
修士1-2年
単位等
2単位
キーワード
大学博物館、標本、展示、コミュニケーション、実物資料にもとづく教育、情報メディア、活動評価
シラバス

<授業の目標>

【授業の目的及びねらい】

大学博物館の存在意義を考察し、それを社会に伝えるための教育プログラムを企画・運営し評価する。この実践を通して博物館コミュニケーションの意味を考え、コミュニケーション・スキルを習得する。

<到達目標>

博物館コミュニケーションの理解(特に大学博物館と社会とのかかわり)およびコミュニケーション・スキルの向上。

<授業計画>

【各回の授業内容(授業展開の概要)】

●北海道大学総合博物館の使命を説明し、いくつかの代表的な博物館活動などを紹  介し、問題点を見出す。

●問題点を解決するため、プロジェクト案を教員がいくつか提示し、受講生が小グループにわかれてそのプロジェクトに取り組む(授業時間外の活動が求められる)。受講生による自主プロジェクトも議論の上、積極的に採用する。

●毎週一つのグループが研究報告を行い、全員で討論する。

●最後に、適切な形態で研究成果を発表し、評価するプロジェクト例: 中学生の博物館体験学習(Be scientists)を企画運営、ホームページや映像作品などの制作を通じた博物館からの情報発信、展示改善、ミュージアム・ショップ・グッズ開発。

毎回の授業について学生が授業報告をまとめ、総合博物館HPで公開する。

<準備学習(予習・復習)等の内容と分量>

各班が進めるプロジェクトでは、その準備・運営・評価などに相当の時間を要する。とくにチーム・ワークが求められる。

<成績評価の基準と方法>

全回出席を基本とする。グループ研究のポートフォリオを作成し、それと成果物に基づいた評価を行う。

<テキスト・教科書>

適宜紹介する。

※参照ホームページ:北海道大学総合博物館

備考
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる