大学院教育
理学院
2001
相転移物性物理学
群論と格子振動
辻見 裕史(北海道大学電子科学研究所)
Get Flash Player

大学院教育 相転移物性物理学 群論と格子振動(2001)

教員
辻見 裕史(北海道大学電子科学研究所)
概要

構造相転移(対象性の異なる結晶相間の相転移)のダイナミックスを解明するための実験技術として、ブリルアン散乱、ラマン散乱、赤外・遠赤外スペクトル、中性子非弾性散乱などが重要視されている。これらの実験技術により得られるデータを解析、解釈する際に必要となる“結晶の空間群の既約表現”について学ぶ。

【スケジュール】
1. 点群
2. 群の表現
3. 基準振動
4. 空間群
5. SrTiO3

講義資料

全講義ノート

‡ これらの資料は制限資料です。

iTUnesU リンク
タグ
対象
修士1-2年 理学研究科
単位等
2単位
キーワード
シラバス

<授業の目標>
構造相転移(対象性の異なる結晶相間の相転移)のダイナミックスを解明するための実験技術として、ブリルアン散乱、ラマン散乱、赤外・遠赤外スペクトル、中性子非弾性散乱などが重要視されている。これらの実験技術により得られるデータを解析、解釈する際に必要となる“結晶の空間群の既約表現”について学ぶ。

 

<評価の基準と方法>
出席およびレポートを総合評価する。

 

<備考>
受講生は上記講義ノートをダウンロードし、A4用紙に印刷しておくこと。

 

<教科書>
講義ノートを使用するので、教科書、参考書等は特に必要ない。

備考
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる