全学教育
基礎科目 物理学Ⅱ
2003
熱力学
辻見 裕史(北海道大学大学院電子科学研究所)
Get Flash Player

全学教育 物理学Ⅱ 熱力学(2003)

教員
辻見 裕史(北海道大学大学院電子科学研究所)
概要

【概要】
熱力学は熱現象に関する経験的法則を整理し、法則に体系化したものである.はじめに、理想気体を例にして熱力学的状態とそれを表す熱力学変数について学ぶ。
さらに熱力学の第1法則を導き,比熱等の幾つかの熱力学的量を導出し,熱力学を体系的に理解する。熱現象の可逆過程と熱力学の第2法則を考察し,エントロピーの概念を導入する。

【スケジュール】
1. 熱現象
2. 熱平衡状態(状態量の導入と理想気体の状態方程式)
3. 熱力学第1法則(エネルギー保存則と基本的な熱力学的変化の過程の考察)
4. 熱力学第2法則(不可逆過程の考察とエントロピーの導入)

講義資料

全講義ノート

 

‡ これらの資料は制限資料です。

iTUnesU リンク
タグ
対象
1年生, 農学部
単位等
講義,選択,2単位
キーワード
熱力学
シラバス

<到達目標>

(1) 熱現象に関する経験的事実から出発し、それらの経験法則の相互関連を理解し、体系的に理解することを目指す。
(2) 熱力学の第1法則を導き,熱現象とエネルギー保存則を考察する。
(3) 熱現象の可逆過程と非可逆過程、エントロピーの概念など熱力学の第2法則に含まれる熱力学の考え方を理解する。

 

<授業計画>

(1) 熱現象
(2) 熱平衡状態(状態量の導入と理想気体の状態方程式)
(3) 熱力学第1法則(エネルギー保存則と基本的な熱力学的変化の過程の考察)
(4) 熱力学第2法則(不可逆過程の考察とエントロピーの導入)

 

<評価の基準と方法>

(1)「基本的な概念が理解できたか、またそれを具体的な問題に適用し正しく解くことができたか」を期末試験により評価する。(2)レポート及び(3)出席も評価の対象となる。
(1)60%、(2)20%、(3)20%。
平成13年度、非物理系学部・系列の平均評価分布は優 40.1%、良 34.9%、可 19.9%、不可 5.1%。

 

<講義指定図書>

加藤正昭/物理学の基礎/サイエンス社

 

備考
学生による動画紹介レビュー

News

カテゴリー
使い方
OCWとは
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる