公開講座
土曜市民セミナー
2013
サステナブルな企業報告を考える
-環境報告から統合報告へ-
google+でシェア
この動画のチャプタ
-環境報告から統合報告へ-(1/3)
22
min.
吉見 宏
2013
-環境報告から統合報告へ-(2/3)
21
min.
吉見 宏
2013
-環境報告から統合報告へ-(3/3)
28
min.
吉見 宏
2013
前の動画へ
次の動画へ
google+でシェア
サステナブルな企業報告を考える
-環境報告から統合報告へ-
2013 公開講座
教員:吉見 宏(北海道大学大学院経済学研究科)
講義情報
タイトル

土曜市民セミナー サステナブルな企業報告を考える(2013)

教員
吉見 宏(北海道大学大学院経済学研究科)
概要
企業がその活動を社会に対して報告する方法にはいくつかあります。代表的なものは財務報告(会計報告)ですが、1980年代以降、環境に関する報告が注目されてきました。それはCSR(企業の社会的責任)報告となり、そしていま、それらを統合した「統合報告」が提案されています。企業が社会に何を報告すべきなのか、企業の社会貢献とは何か、今までの流れを追いながら、今後の企業のあり方を探ります。
講義資料

‡ これらの資料は制限資料です。

タグ
この講義の動画一覧
サステナブルな企業報告を考える
教員:吉見 宏
2013
教材を探す
プレイリストを探す
新着動画
人気の動画
おすすめプレイリスト
カテゴリー
教材の著作権について
オープンコースウェアとは
サイトの使い方
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる