公開講座
三省堂サイエンスカフェin札幌 
2009
第2回 進化から見た病気 ~「ダーウィン医学」のすすめ~
google+でシェア
この動画のチャプタ
はじめに
2
min.
杉山滋郎
2009
講演1
12
min.
栃内 新
2009
講演2
12
min.
栃内 新
2009
講演3
12
min.
栃内 新
2009
質問「毒性の強弱とは?」
2
min.
栃内 新
2009
質問「”過剰反応”の起こる仕組みとは?」
2
min.
栃内 新
2009
質問「アレルギーとは?」
2
min.
栃内 新
2009
質問「ウイルスに”死”はあるか?」
3
min.
栃内 新
2009
さいごに
3
min.
栃内 新
2009
前の動画へ
次の動画へ
google+でシェア
第2回 進化から見た病気 ~「ダーウィン医学」のすすめ~
2009 公開講座
教員:栃内 新(北海道大学大学院理学研究院)、 楢木 佑佳(北海道大学大学院理学研究院)
講義情報
タイトル

三省堂サイエンスカフェin札幌 第2回 進化から見た病気 ~「ダーウィン医学」のすすめ~(2009)

教員
栃内 新(北海道大学大学院理学研究院)、 楢木 佑佳(北海道大学大学院理学研究院)
概要
進化論の考え方に基づいて病気を考えると、ヒトがなぜ病気になるか、なぜ治るのか、なぜ薬が効いたり効かなかったりするのか、なぜヒトの身体は完璧ではないのかなどといった疑問が次々と解けていく。風邪をひいたときの発熱、くしゃみ、鼻水といった諸症状はうっとうしいものであるが、ウィルスから体を守るために進化の過程で獲得した大切な防御反応である。また、腰痛は二足歩行に対する代償と考えられる。

人の一生というスケールで見る病気とは違った、生命38億年というスケールでヒトの病気を捉えなおそうという「ダーウィン医学」を、サイエンス・デザイナーの楢木佑佳さんの解説図とともにわかりやすく紹介する。

第2回三省堂サイエンスカフェin札幌
日時 2009年5月8日
場所 三省堂書店札幌本店内UCCカフェ
講義資料

‡ これらの資料は制限資料です。

タグ
備考
<教員紹介>

・理学研究院 准教授

 栃内 新

1951年、札幌市生まれ。北海道大学理学部卒業後、同大学院に進学、理学部助手、講師を経て、現在同大学院理 学研究院准教授。理学博士。同大の科学技術コミュニケーター養成ユニットのスーパーバイザーも務める。専門分 野は動物発生学・免疫学・進化学。編著書に『新しい高校生物の教科書』(ブルーバックス)、共著に『ヒトの遺伝の  100不思議』(東京書籍)などがある。



・サイエンスデザイナー

 楢木 佑佳

北海道大学理学部卒業。現在、北海道大学大学院 理学院 自然史科学専攻 多様性生物学講座 博士(後期)  課程3年。2008年3月に同大の科学技術コミュニケーター養成ユニット第三期本科修了後、科学を親しみやすい絵 や図で紹介するサイエンス・デザイナーとしての活動を開始。さまざまな大学のポスターやパンフレット、科学本の挿 絵などを手がけている。
この講義の動画一覧
講演
教員:栃内 新
2009
教材を探す
プレイリストを探す
新着動画
人気の動画
おすすめプレイリスト
カテゴリー
教材の著作権について
オープンコースウェアとは
サイトの使い方
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる