公開講座
三省堂サイエンスカフェin札幌 
2009
第5回 スピリチュアリティブームを通して科学と社会を考える
google+でシェア
この動画のチャプタ
スピリチュアリティブームを通して科学と社会を考える(1/4)
13
min.
櫻井 義秀
2009
スピリチュアリティブームを通して科学と社会を考える(2/4)
12
min.
櫻井 義秀
2009
スピリチュアリティブームを通して科学と社会を考える(3/4)
8
min.
櫻井 義秀
2009
スピリチュアリティブームを通して科学と社会を考える(4/4)
7
min.
櫻井 義秀
2009
前の動画へ
次の動画へ
google+でシェア
第5回 スピリチュアリティブームを通して科学と社会を考える
2009 公開講座
教員:櫻井 義秀(北海道大学大学院文学研究科)
講義情報
タイトル

三省堂サイエンスカフェin札幌 第5回 スピリチュアリティブームを通して科学と社会を考える(2009)

教員
櫻井 義秀(北海道大学大学院文学研究科)
概要
「あなたの前世を占います」「疲れた心を癒します」。こうした誘い文句で、法外な対価を受取り、占いやヒーリング(癒し)をするとされる団体があります。なかには、人生の悩みについて相談にのり、「守護霊が悪さしている」などと恐怖心をあおり「除霊グッズ」を買わせる場合も。こうした「スピリチュアル・ビジネス」は現代社会に静かな「ブーム」をみせています。一方で、その被害を訴えるケースが報道されることもあります。
「癒し」の効果を宣伝するために使われる「宇宙エネルギー」や「クオンタム・タッチ」といった「科学的」な装いの言葉は、人々にどのような影響を与えるのでしょうか。そうしたことを信じる人々はどういう心理なのでしょうか。人々はそのリスクをどう認知するのでしょうか。このような話題についても語り合います。また、「ナチュラル・イオンで超美肌」など、「科学的であること」を宣伝するビジネスのありようを通して、人々の科学理解についてもとりあげます。

第5回三省堂サイエンスカフェin札幌
日時 2009年10月10日
場所 三省堂書店札幌本店内UCCカフェ
講義資料

‡ これらの資料は制限資料です。

タグ
備考
<教員紹介>

大学院文学研究科 教授

櫻井 義秀

1961年4月山形県で出生。 1984年3月北海道大学文学部哲学科宗教学専攻卒業。 1987年3月北海道大学大学院文学研究科博士課程中退。 1987年4月北星学園女子短期大学家政学科専任講師。 1992年3月同学園退職。 1992年4月北海道大学文学部講師(人間行動学講座)。 1996年4月同大学助教授(社会システム科学講座)。 2004年4月同大学教授(社会システム科学講座)。 現在に至る。
この講義の動画一覧
スピリチュアリティブームを通して科学と社会を考える
教員:櫻井 義秀
2009
教材を探す
プレイリストを探す
新着動画
人気の動画
おすすめプレイリスト
カテゴリー
教材の著作権について
オープンコースウェアとは
サイトの使い方
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる