公開講座
北海道大学教育GP「博物館を舞台とした体験型全人教育の推進」
2010
教育の改革と将来像
google+でシェア
この動画のチャプタ
教育の改革と将来像(1/4)
30
min.
脇田 稔 (理事・副学長)
2010
教育の改革と将来像(2/4)
8
min.
脇田 稔 (理事・副学長)
2010
教育の改革と将来像(3/4)
19
min.
脇田 稔 (理事・副学長)
2010
教育の改革と将来像(4/4)
20
min.
脇田 稔 (理事・副学長)
2010
前の動画へ
次の動画へ
google+でシェア
教育の改革と将来像
2010 公開講座
教員:脇田 稔(北海道大学理事・副学長)
講義情報
タイトル

北海道大学教育GP「博物館を舞台とした体験型全人教育の推進」 教育の改革と将来像(2010)

教員
脇田 稔(北海道大学理事・副学長)
概要
大学での教育と高校までの教育は連続していることが望ましく、高校の教育の程度が上がったものが大学の教育であるという認識は誤りです。大学で、学生のなじんだ受験勉強と、大学で行われる一般教養教育の間には、しばしばずれが生じます。大学ではどの専門分野に進んでもその教育に耐えるよう教養教育をまず行う、「学問の基礎体力」の養成を目的としています。そこで北大は入試と教養教育課程の改善を行いました。北大の事例をもとに、教育の改革と将来像について考えます。
講義資料

‡ これらの資料は制限資料です。

タグ
備考
第15回北海道大学教育GPセミナー

日時 2011年1月29日

場所 北海道大学総合博物館
この講義の動画一覧
北海道大学教育GP セミナー
教育の改革と将来像
教員:脇田 稔 (北海道大学理事・副学長)
2010
教材を探す
プレイリストを探す
新着動画
人気の動画
おすすめプレイリスト
カテゴリー
教材の著作権について
オープンコースウェアとは
サイトの使い方
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる