公開講座
北海道大学教育GP「博物館を舞台とした体験型全人教育の推進」
2009
2000年後の美術館・博物館プロジェクト
~現代アートとのコラボレーションによるミュージアムの活性化~
google+でシェア
この動画のチャプタ
講演 (1/5)
15
min.
柴川 敏之 (美術作家・福山市立女子短期大学)
2009
講演 (2/5)
18
min.
柴川 敏之 (美術作家・福山市立女子短期大学)
2009
講演 (3/5)
20
min.
柴川 敏之 (美術作家・福山市立女子短期大学)
2009
講演 (4/5)
17
min.
柴川 敏之 (美術作家・福山市立女子短期大学)
2009
講演 (5/5)
16
min.
柴川 敏之 (美術作家・福山市立女子短期大学)
2009
前の動画へ
次の動画へ
google+でシェア
2000年後の美術館・博物館プロジェクト
~現代アートとのコラボレーションによるミュージアムの活性化~
2009 公開講座
教員:柴川 敏之(美術作家・福山市立女子短期大学)
講義情報
タイトル

北海道大学教育GP「博物館を舞台とした体験型全人教育の推進」 2000年後の美術館・博物館プロジェクト(2009)

教員
柴川 敏之(美術作家・福山市立女子短期大学)
概要
演者は、イタリアのポンペイ遺跡などに触発され「2000年後から見た現代社会」という壮大なテーマで、”41世紀に発掘された携帯電話やパソコン等の化石”を制作しています。
今回は、全国各地の美術館・博物館で美術品や出土品とコラボレーションし魅力を引き出す展覧会や、市民・学生を巻き込んで行ったアートプロジェクトやワークショップを紹介します。
講義資料

‡ これらの資料は制限資料です。

タグ
備考
<第7回北海道大学教育GPセミナー>

日時
2009年11月28日
場所
北海道大学総合博物館
この講義の動画一覧
講演
教員:柴川 敏之 (美術作家・福山市立女子短期大学)
2009
教材を探す
プレイリストを探す
新着動画
人気の動画
おすすめプレイリスト
カテゴリー
教材の著作権について
オープンコースウェアとは
サイトの使い方
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる