公開講座
人文学カフェ
2011
哲学者はパラドクスがお好き
-ようこそ思考のワンダーランドへ-
google+でシェア
この講義の動画
講演 (1/3)
28
min.
山田 友幸
2011
講演 (2/3)
15
min.
山田 友幸
2011
講演 (3/3)
6
min.
山田 友幸
2011
質問 「対象言語とメタ言語とは何ですか?
2
min.
山田 友幸
2011
質問 「あらかじめ「砂山の定義」があれば、パラドクスを回避できるのではないですか?」
3
min.
山田 友幸
2011
質問 「あいまいなものは、あいまいなままで良いのではないですか?」
3
min.
山田 友幸
2011
質問 「「A」「B」の他に、グループが存在すればパラドクスは回避できるのではないですか?」
2
min.
山田 友幸
2011
質問 「非論理的だといわれる日本語で哲学を論じることに、不自由を感じることはありませんか?」
1
min.
山田 友幸
2011
質問 「個人による認識のずれは哲学で証明されているのですか?」
2
min.
山田 友幸
2011
質問 「「あちらをたてれば、こちらが..」といった、現実社会の中での混乱についても哲学者は答えを探しているのでしょうか?」
2
min.
山田 友幸
2011
質問 「「自分は、宇宙人に飼育されているのかもしれない」という仮説を、完全に否定することはできますか?」
1
min.
山田 友幸
2011
質問 「証明できないということは、立証責任の転換なのではないですか?」
1
min.
山田 友幸
2011
質問 「思い込みを排除するために、心がけていることはありますか?」
2
min.
山田 友幸
2011
質問 「北海道大学の哲学科について教えてください」
2
min.
山田 友幸
2011
前の動画へ
次の動画へ
google+でシェア
哲学者はパラドクスがお好き
-ようこそ思考のワンダーランドへ-
2011 公開講座
教員:
教材を探す
プレイリストを探す
新着動画
人気の動画
おすすめプレイリスト
カテゴリー
教材の著作権について
オープンコースウェアとは
サイトの使い方
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる