Previous video
Next video
Share on Google +
 
Instructor:D. P. Penhallow教授(推定) / 宮部 金吾 著
Information about Courses
タイトル

There are no videos in this lecture.
Instructor
D. P. Penhallow教授(推定) / 宮部 金吾 著
Outline
Course Materials

s:3630:”s:3620:”a:2:{i:0;s:1368:”植物学 D. P. Penhallow教授(推定) / 宮部 金吾 著

 

‡ これらの資料は制限資料です。

資料内容は変更されることがあります。資料を充実してまいりたいと考えております。講義ノートにまつわる情報をお寄せ下さい。また、テキスト化は、北海道大学オープンコースウェアで行いました。誤記等お気づきの点ございましたら、ご連絡ください。

 

 

Penhallow

制限資料附属図書館所蔵)

 

デーヴィッド・ピアス・ペンハロー(David Pearce Penhallow”;i:1;s:2218:” 1854-1910)

マサチューセッツ農科大学卒。植物学を専攻し,クラークの助手を務めていた。植物学・農学・英語を担当し,クラークの帰国後は,教頭心得(acting president)としてホィーラーを助け,植物学を農学等の実学に応用するというクラークの考えを実践した。また,開拓使の依頼を受けて,植物や鉱物の分析試験も行った。帰国後,カナダのマッギル大学で古生植物学の教授となり,北日本の植物やアイヌ民族の研究を続けた。1907年10月,マサチューセッツ州立大学と改称された母校でのClark Hallの落成式では,クラークが科学者・教育者として科学的農学へ果した貢献について,記念講演を行った。(北海道大学総合博物館より)

 

 

 

Miyabe

制限資料附属図書館所蔵)

 

宮部金吾(みやべ きんご,1860-1951)

2期生。1886年,渡瀬とともにアメリカへの官費留学を命ぜられ,ハーバード大学にて高等植物・菌類・藻類の研究を進める。1889年「千島植物誌」によりD.Sc.理学博士号を受け,イギリス・ドイツ・フランス・ロシアの研究機関を歴訪ののち,帰国した。その後,植物園主任となり,現在の植物園の原型を造り上げた。世界的な植物学者である一方,内村鑑三らとともに札幌独立教会を創立,新渡戸稲造の遠友夜学校を支えるなど,敬虔な生涯であった。(北海道大学総合博物館より)

 

 

 “;}”;”;

Tags
Video List of this lecture
Search by Course
Search Playlists
New Releases
Popular Videos
Featured Playlist
Category
Copyright Material
What is OpenCourseWare?
About this Site
News
Contact Us
Link
Sitemap
Japanese
Close