公開講座
バイオミメティクス市民セミナー
2013
シジミチョウ、その騙しのテクニック
google+でシェア
この動画のチャプタ
シジミチョウ、その騙しのテクニック (1/4)
21
min.
北條 賢
2013
シジミチョウ、その騙しのテクニック (2/4)
22
min.
北條 賢
2013
シジミチョウ、その騙しのテクニック (3/4)
28
min.
北條 賢
2013
シジミチョウ、その騙しのテクニック (4/4)
30
min.
北條 賢
2013
前の動画へ
次の動画へ
google+でシェア
シジミチョウ、その騙しのテクニック
2013 公開講座
教員:北條 賢(神戸大学大学院理学研究科)
講義情報
タイトル

バイオミメティクス市民セミナー シジミチョウ、その騙しのテクニック(2013)

教員
北條 賢(神戸大学大学院理学研究科)
概要
バイオミメティクス(Biomimetics) は生物模倣技術と訳され、「カの口を模倣した痛くない注射針」「サメの皮膚を模倣した水抵抗の少ない水着」「ヤモリの指先を模倣した粘着テープ」といった様々な分野での新技術の応用と商品開発に活かされています。博物館には多くの生物標本が収蔵されていますが、標本を工学者の設計デザインの視点から見直すとどうなるでしょう。生物学者では解けなかった自然の造形美の意味が解き明かされるかもしれません。5億年に渡る自然選択を経た動植物の持つ能力や、形・機能などの特性を把握し、そこからヒントを得て人工的に設計・合成・製造するのが「生物規範工学」です。バイオミメティクス市民セミナーでは、バイオミメティクスの観点から、生物学者と工学者が新しい視点で生物の見方を紹介します。
 他の生物の構造や機能を模倣しようとする試みはなにも私達人間だけに限ったことではありません。さまざまな生物が培ってきた長い歴史の中からも、たくさんの巧妙な模倣技術を見出すことができます。本セミナーでは生物個体間の相互作用、特に「アリと共生するシジミチョウ」に関するトピックを中心に、生物が他の生物とのかかわり合いの中でお互いの特徴を巧みに模倣し、自身の生存戦略へと応用する技術を紹介します。
iTunesU リンク

iPhone対応:映像は、iTunes-Uでもご覧いただけます。

※視聴にはiTunesまたはiTunes Uアプリケーションが必要です。

タグ
この講義の動画一覧
シジミチョウ、その騙しのテクニック
教員:北條 賢
2013
教材を探す
プレイリストを探す
新着動画
人気の動画
おすすめプレイリスト
カテゴリー
教材の著作権について
オープンコースウェアとは
サイトの使い方
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる