公開講座
GCOE総合博物館市民セミナー
2011
旧ユーゴ圏内における境界を巡る記憶の語り
セルビア、クロアチア、ボスニアの現代作家による試み
google+でシェア
この動画のチャプタ
セルビア、クロアチア、ボスニアの現代作家による試み (1/2)
20
min.
亀田 真澄
2011
セルビア、クロアチア、ボスニアの現代作家による試み (2/2)
23
min.
亀田 真澄
2011
前の動画へ
次の動画へ
google+でシェア
旧ユーゴ圏内における境界を巡る記憶の語り
セルビア、クロアチア、ボスニアの現代作家による試み
2011 公開講座
教員:亀田 真澄 (東京大学大学院/日本学術振興会)
講義情報
タイトル

GCOE総合博物館市民セミナー 旧ユーゴ圏内における境界を巡る記憶の語り(2011)

教員
亀田 真澄 (東京大学大学院/日本学術振興会)
概要
旧ユーゴスラヴィア連邦では20年前、民族間の紛争が起こり、連邦内に国境線が引かれていきました。そのような中で現代作家の多くは、独自の視点から共産主義時代にアプローチしています。このセミナーでは、歴史記述と私的な記憶の領域とを取り混ぜる語り口に着目することで、現代のセルビア・クロアチア・ボスニアの作家たちが、どのようにユーゴスラヴィアを捉え直そうとしているか考えたいと思います。

‡ これらの資料は制限資料です。
タグ
キーワード
旧ユーゴスラヴィア、セルビア、クロアチア、ボスニア
この講義の動画一覧
旧ユーゴ圏内における境界を巡る記憶の語り
セルビア、クロアチア、ボスニアの現代作家による試み
教員:亀田 真澄
2011
教材を探す
プレイリストを探す
新着動画
人気の動画
おすすめプレイリスト
カテゴリー
教材の著作権について
オープンコースウェアとは
サイトの使い方
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる