「Hokkaido University Professor Visit」

Search results : 13件中
Show

Search again:
Close re-search▲
Open re-search▼

Refinement:
Close condition▲
Open a condition▼

IMAGE TITLE OVERVIEW TEACHER YEAR TAGS SORT

地球表面積の3分の2を占める海洋は、気候変化や人間活動の影響を強く受け、また重要な食料を供給してくれます。海鳥は海洋を広く飛び回り、またクジラやアザラシ以上に深く潜って、プランクトンから大形のイカまで多種多様な海洋生物を食べます。地球環境変化が海洋生態系の重要な高次捕食者である海鳥にどのような影響を与えるのかを紹介することで、海洋をよりよく理解していただくのが目的です。
場所: 札幌大谷高等学校
日時: 2009年11月7日

Instructor: 綿貫 豊(北海道大学大学院水産科学研究院) Opening year:2009 Tags: Japanese, Search by Public Lecture, Hokkaido University Professor Visit, Fisheries Science, School of Fisheries Sciences Lecture Date:2017年8月9日

ペットボトルや家電製品がリサイクルされアジア各国に輸出されています。日本は世界に先がけ循環型社会という制度を作っているが、本当に環境に優しい結果を生んでいるのか。この問題を世界の視点から考えてみます。
札幌稲雲高等学校
2009年10月29日

Instructor: 吉田 文和(北海道大学公共政策大学院付属公共政策学研究センター) Opening year:2009 Tags: Japanese, Search by Public Lecture, Hokkaido University Professor Visit, School of Economics and Business Lecture Date:2017年8月9日

地球環境と調和した持続的な農業生産システムが求められています。農業のなかで、私どもが直接食べることができる穀類を使わず、草で飼育できる家畜の意義が重要になってきました。環境調和型の草食家畜の生産システムについて、その消化機構や草を食べる行動をもとにお話しします。
場所: 弘前高等学校
日時: 2009年11月10日

Instructor: 近藤 誠司(北海道大学大学院農学研究院) Opening year:2009 Tags: Japanese, Search by Public Lecture, Hokkaido University Professor Visit, Agriculture, School of Agriculture Lecture Date:2017年8月9日

地球上に最初の生命が生まれたのはおよそ35億年前の極限環境下と推定されています。以来、地球環境は比較的穏やかに保たれていますがその陰には過酷な環境に生きる微生物たちのすばらしいはたらきがあります。本講義では、ミクロ生命と地球環境の関わりについて紹介します。
場所: 函館中部高等学校
日時: 2009年11月18日

Instructor: 森川 正章(北海道大学大学院地球環境科学研究院) Opening year:2009 Tags: Japanese, Search by Public Lecture, Hokkaido University Professor Visit, Physical Sciences/Natural Sciences, School of Science Lecture Date:2017年8月9日

ペットボトルや家電製品がリサイクルされアジア各国に輸出されています。日本は世界に先がけ循環型社会という制度を作っていますが、本当に環境に優しい結果を生んでいるのか。この問題を持続可能な低炭素社会の実現への課題にも触れながら、世界の視点で考えてみましょう。
関連情報
北海道大学プロフェッサー・ビジット(2009)
北海道大学プロフェッサー・ビジット(2008)

Instructor: 吉田 文和(北海道大学経済学研究科) Opening year:2010 Tags: Japanese, Business/Economics, Search by Public Lecture, Hokkaido University Professor Visit, School of Economics and Business Lecture Date:2017年8月9日

限りある水資源を浄化し、有効に循環再利用することは、我々の環境・健康を守る上でも、重要なテーマです。本講義では、環境汚染物質の分解・除去を行う最新のバイオテクノロジー、廃水からクリーンな電気エネルギーを回収する研究などを紹介していきます。
関連情報
北海道大学プロフェッサー・ビジット(2009)
北海道大学プロフェッサー・ビジット(2008)

Instructor: 岡部 聡(北海道大学工学研究院) Opening year:2010 Tags: Japanese, Search by Public Lecture, Hokkaido University Professor Visit, Engineering/Information, Faculty of Engineering Lecture Date:2017年8月9日

赤外線は、地表で観測される太陽光の中に40%以上も含まれていますが、エネルギーが低いため、効率よく電気エネルギーに変換することができませんでした。本講義では、目に見えない赤外線を有効にエネルギー変換できる新しい太陽電池の研究について平易に解説します。
関連情報
北海道大学プロフェッサー・ビジット(2009)
北海道大学プロフェッサー・ビジット(2008)

Instructor: 三澤 弘明(北海道大学電子科学研究所) Opening year:2010 Tags: Japanese, Search by Public Lecture, Hokkaido University Professor Visit, Engineering/Information, Faculty of Engineering, Research Institute for Electronic Science Lecture Date:2017年8月9日

宇宙には,どんなところにどのような氷があり,それらは惑星や彗星などの形成とどのようなかかわりをもっていたのだろう? 暗黒星雲にあった氷微粒子が集まって太陽系の惑星がつくられていった物語をひもといてみよう。

Instructor: 香内 晃(北海道大学低温科学研究所) Opening year:2008 Tags: Japanese, Institute of low Temperature Science, Search by Public Lecture, Hokkaido University Professor Visit, Physical Sciences/Natural Sciences, School of Science Lecture Date:2017年8月9日

気候はなぜ変動するのでしょう?科学者たちはどうやって変動を監視しているのでしょう?これらの疑問に答えます。また、世界各地にいる研究仲間たちの取り組みやその素顔もお話いたします。

Instructor: 藤原 正智 (環境科学院) Opening year:2008 Tags: Japanese, Search by Public Lecture, Hokkaido University Professor Visit, Physical Sciences/Natural Sciences, School of Science Lecture Date:2017年8月9日

ペットボトルや家電製品がリサイクルされアジア各国に輸出されています。日本は世界に先がけ循環型社会という制度を作っているが、本当に環境に優しい結果を生んでいるのか。この問題を世界の視点から考えてみます。

Instructor: 吉田 文和 (経済学研究科) Opening year:2008 Tags: Japanese, Search by Public Lecture, Hokkaido University Professor Visit, Psychology/Sociology Lecture Date:2017年8月9日

捕鯨をめぐり、日本は欧米諸国や環境保護団体から批判されています。この問題を、国際法の観点から考えてみよう。鯨の保護か、海洋生物資源の持続可能な利用か-多元的な国際社会での「環境保護」を巡る複雑な現実が見えてきます。

Instructor: 児矢野 マリ (法学研究科) Opening year:2008 Tags: Japanese, Search by Public Lecture, Hokkaido University Professor Visit, School of Law, Law/Government Lecture Date:2017年8月9日

地球のオーロラは大気中の酸素や窒素が出す固有の色をしています。木星などにもオーロラが存在しますが、その光の色は地球と異なります。オーロラを観測することにより、その星の大気と宇宙環境を知ることができます。

Instructor: 渡部 重十 (北海道大学大学院理学研究院) Opening year:2008 Tags: Japanese, Search by Public Lecture, Hokkaido University Professor Visit, Physical Sciences/Natural Sciences, School of Science Lecture Date:2017年8月9日

鳥インフルエンザが世界各地で発生し、最近ではメキシコ他で豚インフルエンザウイルスが人に感染し、社会を脅かしています。
インフルエンザを含む人獣共通感染症を予防・制圧するための「先回り克服戦略」を説明し、理解を深めてもらいます。

訪問校:滝川高等学校 2009年11月9日

Instructor: 喜田 宏 (北海道大学大学院獣医学研究科) Opening year:2009 Tags: Japanese, Research center for Zoonosis Control, Search by Public Lecture, Hokkaido University Professor Visit, Veterinary Studies, School of Veterinary Medicine Lecture Date:2017年8月9日
Tile Display ⇔ Toggle list Display
Search by Course
Search Playlists
New Releases
Popular Videos
Featured Playlist
Category
Copyright Material
What is OpenCourseWare?
About this Site
News
Contact Us
Link
Sitemap
Japanese
Close