前の動画へ
次の動画へ
google+でシェア
 
教員:宮内 泰介(文学研究科)
講義情報
タイトル

全学教育 社会の認識 環境と地域社会(2005)

この講義に動画はありません。
教員
宮内 泰介(文学研究科)
概要
自然とはなんだろう? 自然保護、と言うけれど、自然を守るとはどういうことだろうか? よく考えると実はそれほど簡単ではない。自然保護とは人間の手が加わらないことか? 自然保護という思想は、世界共通のものになりうるのか? それとも、文化や歴史によって違うのか?
この講義では、自然環境について、あるいは環境問題について、あくまで〈地域〉の視点、地域住民の視点を重視しながら考える、ということをやってみたいと思います。そこでは、地域の住民自身がその環境と歴史的にどうかかわってきたか、今後どうかかわるべきか、といった点が中心的なテーマになります。それは単に人が自然にどうかかわるか、ということにとどまらず、人と人の間にどういう関係を作っていったらいいのかという問題である、といったことについても考えます。講義では、こうしたことを、日本・東南アジア・太平洋地域の具体的事例を取り上げながら考えたいと思います。
さらに、この講義では、以上のような “環境と地域社会”というテーマに沿って、論文(レポート)を書いてもらいます。レポートを書くときには、何をどう調べればよいのか、どうまとめればいいのか、などについて、実践的に学びます。
講義資料

1.自然とは何か? 自然を守るとはどういうことか?

2.地域における人間と自然のかかわり

3.環境と公共性

資料 配布資料 | 講義スライド
‡ これらの資料は制限資料です。

タグ
対象
1, 2, 3, 4, 5, 6年生 理学部, 医学部, 歯学部, 薬学部, 工学部, 農学部, 獣医学部, 水産学部
単位等
講義,選択,2単位
キーワード
自然とは何か、環境保全とは何か、地域の視点、地域社会、ルール、共同利用、公共性
この講義の動画一覧
教材を探す
プレイリストを探す
新着動画
人気の動画
おすすめプレイリスト
カテゴリー
教材の著作権について
オープンコースウェアとは
サイトの使い方
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
閉じる