前の動画へ
次の動画へ
google+でシェア
 
教員:宮内 泰介(北海道大学大学院文学研究科)
講義情報
タイトル

学部専門教育 比較地域社会学 環境と公共性の社会学(2006)

この講義に動画はありません。
教員
宮内 泰介(北海道大学大学院文学研究科)
概要
この講義では、〈環境〉を〈誰が〉どう守るべきなのか、ということを中心に、次の点について考えます
(1)自然環境を守ろう、というけれど、「自然」とはそもそもどういういうものか? 人間の手がまったく入っていないもののことなのか?
(2)人間と自然の関係はどういうものなのか。地域の住民は、地域の環境に対し、歴史的にどうかかわってきたか、今後どうかかわるべきか。
(3)環境は誰が守るべきなのか。誰と誰がどういう関係のもとでどう環境にかかわるべきなのか。
(4)環境をめぐって、市民・住民が自ら決めて実行していく社会的しくみはどうすればできるか。
講義資料

配布資料

講義スライド

‡ これらの資料は制限資料です。

タグ
対象
s:50:"a:2:{i:0;s:1:"2";i:1;s:20:" 3年生 文学部";}";
単位等
講義,選択必修,2単位
キーワード
自然、環境、地域の視点、コモンズ、住民自治(市民自治)、協働、公共性、NPO
この講義の動画一覧
教材を探す
プレイリストを探す
新着動画
人気の動画
おすすめプレイリスト
カテゴリー
教材の著作権について
オープンコースウェアとは
サイトの使い方
お知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
EN
閉じる